So-net無料ブログ作成

JoJo(ジョジョ) [JoJo]

JOJO001.jpg


ジョジョ:JoJo


ビーチサンダル、ゴム草履、フリップフロップ。
国境を超えて世界中で親しまれる現代の足の供の歴史を辿ると、自ずと日本古来の履物文化に行き着きます。
日本で生まれた草履が現代のライフスタイルに合わせてビーチサンダルとして形を変え、今ではハワイの海辺からインドの僧院にいたるまで、あらゆる場所でわたしたちの日常に溶け込んでいます。

美しく放物線を描く花緒は、普遍的な機能性と構造美でサンダルの形を象徴していますが、そんな完成されたビーチサンダルのデザインを、京都・祇園の老舗履物匠「ない藤」が新たに描き直し制作しています。

原点を見つめながらも未来作りに挑戦し、スーパーベーシックを目指す「mana PROJECT」。
その第一弾として、まったく新しいカタチのビーチサンダル『JoJo』を提案。

『JoJo』がまず目を引くのは印象的な形の前ツボ。指肢にぴったりとフィットして力が入りやすい構造は、これまでのビーチサンダルにあった「長く履くと疲れる」という悩みを大幅に軽減します。素材には哺乳瓶の乳首に使われる特殊ゴムを使用し、足先の角度に合わせて柔らかく変形するので、優しい感触 で指肢に添います。

特徴的な丸みのあるラインを作るゴム底には、SBRという素材を使い、ゴム特有の臭いを抑えました。SBRは一般的にタイヤに使われる素材で、強度や耐摩耗性に大変優れています。毎日履くものだからこそ、長く愛着を持ってご愛用いただくためには、丈夫なゴム底が欠かせません。

花緒は、ゴム草履で足を痛めるポイントのひとつです。通常は素材が硬いため、足に擦り切れた傷や痛みを残します。『JoJo』は、この花緒部分に水着などで使用される、摩擦に強く伸縮性に優れた素材を選びました。さらに、花緒の構造に工夫を凝らし、足当たりの良さと、長時間履いても疲れない抜群のフィット感を実現しました。

ゴム底の芯に使われるEVAは、反発生が強くへたりにくい素材です。弾力性があり、硬いアスファルトの上でも足に負担をかけません。軽やかで優しい履き心地をお約束します。

足裏の当たる部分には独自開発の特殊コルクを採用しました。赤ちゃんが口に含んでも大丈夫なほど安全に配慮した天然素材で、足触りが良く、壊れにくい特性を持っています。


JoJoの商品はこちらでご覧いただけます。
↓ ↓ ↓ ↓
DIGITAL MOUNTAIN
トラックバック(0) 
Wonder Mountain “irie”でお取り扱いのあるブランドのヒストリーや、名品の詳細をご紹介します。

Wonder Guide